葬儀におけるマナーについて

自分と関わりのあった人が亡くなられたという連絡をもらった場合、死を悼むために通夜や葬儀に参列することとなります。参列までには短時間で準備をしなくてはならないことも多いため、いざという時に迷わないよう事前に十分な準備をしておきましょう。ここでは、参列時のマナーについて、紹介します。まず、定刻前に会場へ着くようにし、受付を済ませます。会葬帳への記帳を済ませ、「このたびはご愁傷様です」とあいさつを述べましょう。また、香典を持参している場合には、この受付時に手渡します。席順が決まっている場合には案内の通りに着席し、私語は慎みましょう。そして服装の注意点ですが、次のことに気を付ける必要があります。着用するのは可能な限り喪服にするよう心がけ、自然な化粧と、アクセサリーは身に着けないようにします。男性も、ネクタイピンの使用は避け、カフスボタンなども可能な限り外すようにしましょう。かばんや靴も、飾り気のない黒のもので統一しましょう。