葬式に参列するときの持ち物

葬式に参列するときは、以前は正式礼装をするのが一般的でしたが、現在は普段から洋服を着用するようになったことから葬式の時にもブラックフォーマルを着用するようになりました。黒など暗い色の洋服を着て、靴やバッグ、ネクタイなども黒で統一するのが一般的です。葬式に参列するときは数珠や香典を持っていきますが、そのときに数珠を入れるふくさは、紫や緑、藍色など落ち着いた色のものがよいとされています。手袋やハンカチ、傘なども黒などの落ち着いた色にします。手袋は焼香をするときは外すことがマナーになっていますし、ハンカチはフォーマル用のものが販売されていますので、白や黒の無地のものを選びます。派手な色や柄のハンカチは控えるようにします。そして葬式の参列するときは、持ち物だけでなく香りや音にも気を配る必要があります。香りのきつい化粧品や香水は控えるようにして、携帯電話などは着信音がならないように設定しておくことがマナーになっています。