葬式のマナーは服装でも

葬式にはたくさんのマナーがあり、地域によっても宗教によっても違いがありますが、言葉遣いや身のこなし方など失礼のないようにして、遺族に不快な思いをさせるわけにはいきません。それは服装においても言えることであり、急には用意できないものもあるので不幸事が起こる前に用意しておかなければなりません。
喪服では黒が基本となるのですが、黒であればどのような服でもいいというわけではありません。黒にもいろいろな色味があり、サテンなどの光沢のある光ものは避けなければなりません。また、普段仕事で着用しているようなスーツであっても、喪服としてはふさわしくありません。マットな黒の服が好まれるものであり、留め具や装飾などにおいても光るものがついていないものを選びます。迷った場合には、ブラックフォーマル売り場で手に入れるといいでしょう。ボタンも黒い布で覆われたクルミボタンにしてあったりと、間違いのない喪服を手に入れることができます。