葬式時の女子たちのヘアスタイルは清楚に

いつの時代も女子たちはファッションを謳歌していますし、それは洋服だけではなくヘアスタイルも、女性雑誌を見本として楽しむのは変わらないものです。80年代を謳歌した人たちは、その時代の名残を今も捨てきれず、重く古臭い髪型をしていても、その人たちが良いならばそれでいいわけです。しかし多くの人は年齢などは関係なく、ヘアスタイルもいつも若々しく、美しくありたいと願っています。

だから女性誌のヘアスタイル特注は人気が廃れることはないですし、カリスマ美容師などは今も変わらず人気があります。髪の毛を明るいカラーリングにしたり、巻いてみたり、まるでホステスさんのように盛ってみたりと、ヘアスタイルは時代の流れで大きく変わり、一般の女子も同様に楽しみます。

でも日本のお葬式の時には、いくらはありであっても、派手なヘアスタイルは合いません。日本女子たちはそれをわきまえて、お葬式の時には清楚なまとめ髪で参列をするのが、日本の一般常識です。