葬式時の足元の色にも注意

葬式の時にはしめやかな雰囲気の中、誰もが足早に参列をしながらも、故人を偲びながら涙に濡れる人で賑わいます。その場所は暗くしめやかなものではありますが、生きている人間の参列でごった返しますので、振る舞いにも心配りを誰もが持つべきでしょう。

多くの人の参列がある中で、誰もが忙しい中で時間をつくるわけですが、身なりには気をつけないといけない場所です。忙しいというのは現代人の誰もが痛感をしていますが、その中で葬式の場所には足の先までそこにふさわしい装いをすることが大事です。バタバタと時間内に参列をする人もあるでしょうが、忙しさのあまり足元のうっかりをしないようにしましょう。

基本的にこうした参列時には、足元まで黒の衣装で統一をするものでありますので、足元の靴下が柄入りの派手なものであってはなりません。男性はズボンだから足は見えないと、安易に考えてカラフルなデザインなどはいていると、足元は見られるので黒靴下にしましょう。