お葬式の服装でふさわしいもの

冠婚葬祭、だれでも何度かそれぞれに出席する機会がありまが、それぞれの式に参加するためにふさわしい服装のマナーがあります。では、お葬式に参列する際の服装はどのようなものが望ましいのでしょうか。お葬式に参列する際は親族でなければブラックフォーマル、略式喪服を着用することが良いとされています。男性も女性も黒のスーツまたは黒のアンサンブルワンピースなどを着用し、男性は白ワイシャツに黒ネクタイ・黒靴、女性はストッキングと靴、バッグはすべて黒で統一します。男女ともゴールドのアクセサリーははずしますが、女性はパールの一連のネックレスだけは着用して良いとされています。コートを着るときには、殺生を連想させる毛皮のコートは避けます。これら一式を用意しておくと、突然の訃報があった際に慌てず落ち着いて準備ができます。

神式のお葬式は、仏式のお葬式と異なるため、知っておく必要がある注意点やマナーが違ってきます。
数珠は仏式のお葬式では一般化していますが、神式のお葬式では数珠は使いません。
元々数珠は、お坊さんがお経をあげるときに数をカウントするために使用しているものなため、神式のお葬式では使う必要がないということになります。
服装については、特に変わったものを用意をする必要はなく、仏式のときと同じように喪服を着ていくことになります。
男性も女性も黒い色のものを選び、靴や、靴下、バッグ、ストッキングなどといった小物についても黒色で揃えます。
アクセサリーや小物は派手なものを避けるようにする必要があります。
婚約指輪や結婚指輪以外のアクセサリーは、できるだけ着用しないようにする必要があります。

<PR>英語上達の秘訣 / 英語上達の秘訣 / 生命保険の口コミ.COM / 生命保険の選び方 / 女性向けエステ.com / マッサージのリアル口コミ.com / 住宅リフォーム総合情報 / 工務店向け集客ノウハウ / アフィリエイト相互リンク / 超SEO対策 / SEOアクセスアップ相互リンク集 / JALカード / 心の童話 / 童話 / ショッピングカート